brogram
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
sponsored links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 歩いても歩いても | main | 小市民(嘉門達夫) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ワルキューレの騎行

評価:
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,ワーグナー,メータ(ズービン),シュタイン(ホルスト),ショルティ(サー・ゲオルク)
ユニバーサル ミュージック クラシック
¥ 860
(2001-04-25)

"ワルキューレの騎行"と聞いて出てくる単語は「地獄の黙示録」と「藤原喜明」

地獄の黙示録はあまりにも有名なので今更、書くことはない。

藤原喜明はというと、彼の入場テーマがこの曲でした。
馳浩に起死回生のカウンター脇固めを決めて、勝利した後に流れたこの曲にはシビレタ。

そういえば「ニーベルングの指環」自体はまだ全部聴いたことがない。

いつかは最初から最後まで聴いてみたい。

あ、トム・クルーズの映画もあったけど、あれはどうでもいいや。

at 00:37, ふにくりふにくら, なんとなくクラシック

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:37, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。